2014年03月16日

阪神・能見 開幕投手へ死角なし 和田監督「言うことないんちゃうか」

 ◇オープン戦 阪神2―2DeNA(2014年3月15日 横浜)

 さすがエース。きっちり仕上げてきた。阪神・能見が見せた圧巻の投球は、1―0の4回、DeNAのクリーンアップを迎えた場面だ。梶谷、後藤、筒香を3者連続三振斬り。しかも、全て見逃しだった。


 「まずまずじゃないかと。(三振は)狙い通りというか、ある程度厳しいところを突こうと思っていて、それができた」

 勝負球以上にカウントを稼ぐ直球の質の高さが光った。「直球でファウルが取れたら楽になる」と最速145キロをマークした直球中心にファウルなどで追い込むと、梶谷と後藤はフォークで。筒香には一転、直球で勝負。低めに決まった1球にバットは動かなかった。

 5回を1安打無失点で5奪三振。オープン戦は2試合計8回を投げて無失点で、前回9日のウエスタン教育リーグ・中日戦(鳴尾浜)を含めても実戦3試合で12回2失点で防御率1・50と抜群の安定感を示している。これには和田監督も「順調、順調。切れ、コントロールも良くて、言うことないんちゃうか」と褒めちぎった。

 試合後、能見は今後の登板日について「コーチには聞きました」と話すにとどめたが、すでに首脳陣からは開幕投手を言い渡されたもよう。次回は21日オリックス戦(京セラドーム)に登板し、中6日で巨人との開幕戦(東京ドーム)に向かう。

 「僕はそこ(28日)に合わせていくだけ。あとは監督の判断。(状態は)普通よりは上にいるんじゃないかと思う」。自信に満ちた能見の表情が状態を物語っていた。2年ぶり3度目の開幕マウンドへ、死角は見つからない。
http://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/16/kiji/K20140316007784990.html




1001: 以下、阪神タイガースちゃんねるがオススメ記事をお送りします 2020/01/01(木) 00:00:00.00 ID:hanshintigers



《 ↓この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます↓ 》
管理人 08:57 | Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。