2014年10月23日

和田監督ドラフトくじ引き役に賛否両論

1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/22(水)10:46:17 ID:yYYyHcQff

2005年以来9年ぶりに日本シリーズに出場する阪神に思わぬ難題が浮上している。原因は頂上決戦2日前の23日に行われるドラフト会議だ。競合覚悟で即戦力右腕の早大・有原航平投手(22)を1位指名する予定だが、くじ引き役をめぐって球団内で賛否両論が巻き起こっているというのだ。通常なら“実績十分”の和田豊監督(52)で不動のはずなのだが…。
無敗でクライマックスシリーズ(CS)を突破したものの、シーズンを振り返れば駒不足だった先発投手の補強が急務。ドラフト会議では即戦力と計算できる最速156キロ右腕の有原を1位で指名する方針を固め、22日の前日会議で最終決定する。もちろん他球団も早い段階から有原をマークしており、競合は必至。抽選となれば和田監督がくじ引き役を務める予定だ。2012年には4球団が競合した藤浪の当たりくじを引いた実績がある。1984年のドラフト会議を最後に1位競合では当たりを引いていなかったという「負の歴史」をストップした強運の持ち主だけに例年なら文句なしの人選だろう。
しかし、今回は状況が違う。2日後に日本シリーズという大勝負を控えている。そこで球団内に和田監督の抽選を行うことについて「反対派」と「賛成派」が登場した。反対派は「ドラフトで運を使ってしまって大丈夫か。肝心の日本シリーズ前に監督の運を使い果たしてしまうのではないか」と主張。対する賛成派は「今の監督なら、くじを当てて日本一にもなることもできる。両方いけるだけの運気が来ているんだ」と力説する。
チーム関係者が「確かに監督は今、乗っている。CSでは采配がズバズバ当たったし、ツキがあるのも事実」と口を揃えるように、現在の指揮官の勢いについては異論はない。2年前と同じように「将来のエース」を引き当てることができると期待を膨らませている。
争点は「その勢いがどこまで続くか」ということ。“運”や“勢い”という目に見えない部分だけに、正解を出せる話ではない。ただ、球団の未来がかかるドラフト会議と1985年以来29年ぶりとなる悲願の日本一をかけた頂上決戦という2大イベントを控えている。どちらも成功裏に終えたいという思いがあるだけに議論に発展しているのだ。
和田監督の「強運レベル」に熱視線が注がれている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141022-00000000-tospoweb-base



2: 名無しさん@おーぷん 2014/10/22(水)10:48:29 ID:LA0KC6r8S

去年は大瀬良柿田外したんだよなあ


4: 名無しさん@おーぷん 2014/10/22(水)11:04:43 ID:cMyJJNqbT

???「松井以来の出番やな」


6: 名無しさん@おーぷん 2014/10/22(水)11:11:31 ID:KSat6E3CY

長い(確信)


7: 名無しさん@おーぷん 2014/10/22(水)12:54:28 ID:lTngyu9E1

髪の手渡辺
なお、獲得した選手


8: 名無しさん@おーぷん 2014/10/22(水)12:56:15 ID:J6vDIP5f5

なにいってだ
ここまで運で勝ち上がってきたとフロントは思ってるのか


11: 名無しさん@おーぷん 2014/10/22(水)13:55:24 ID:Lv80dXvRL

ええやん
好きにさせたれや
外野うるさいねん
ワイは一刻も早く阪神が普通のチームになって欲しいのに


12: 名無しさん@おーぷん 2014/10/22(水)16:57:54 ID:DNuxAVhik

フロントツンツンスギンヨォ


引用元: 和田監督ドラフトくじ引き役に賛否両論


1001: 以下、阪神タイガースちゃんねるがオススメ記事をお送りします 2020/01/01(木) 00:00:00.00 ID:hanshintigers



《 ↓この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます↓ 》
管理人 12:00 | Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。