2015年02月20日

和田監督 9点奪われたツバメ打線警戒ヤ「相当研究していかないと」

和田監督.jpg
1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)09:43:06 ID:cK3

阪神・和田豊監督(52)が19日、ヤクルト打線への対策をあらためて練ることを明言した。レギュラークラスが並んだ打線に9点を奪われたこの日の試合だけではなく、昨年の対戦も踏まえて考えていく。

「去年もセ・リーグで一番点を取ってる。打線は非常に強力で、その上でミレッジが帰ってきてね。バッテリーが相当研究していかないといけない」

昨年、ヤクルトには13勝11敗で勝ち越したが、対戦成績は被打率が.309、失点が133で、1試合平均の失点は5.54。さらに防御率も5.28だった。「こういう展開になることが多い。特に神宮では打ち合いになることが多い」。余計なミスを減らすことはもちろん、対策も必要だ。

北條や中谷の活躍で同点に追い付いた一戦。「シーズンでも何回も戦うから、負けないに越したことはない。勝つことで執念を見せること。そういう気持ちは最後まで出ていた」と指揮官。若虎の奮起を喜び、同時にヤクルトへの警戒心も強めていた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150220-00000026-dal-base




2: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)10:45:08 ID:9h0

このカード、昨年も20-10の馬鹿試合やってたよなw


3: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)10:46:40 ID:tZi

>>2
伝説の3連戦31-30の初戦やな

20-11やったような気がするけど


4: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)10:47:35 ID:9h0

>>3
そうそう、20-11だった。


引用元: 和田監督 9点奪われたツバメ打線警戒ヤ「相当研究していかないと」




1001: 以下、阪神タイガースちゃんねるがオススメ記事をお送りします 2020/01/01(木) 00:00:00.00 ID:hanshintigers



《 ↓この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます↓ 》
管理人 14:00 | Comment(1) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
投手陣からすればチームが勝てても防御率は査定に響くから死活問題やろなぁ

それとも対ヤだけは控除して計算してくれるんやろうか
名無しのおんJさん
2015年02月20日 14:45
コメントを書く
お名前:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。