2015年03月02日

藤浪「ここ掘れワンワン」で白星を!京セラマウンドで○必ず

藤浪晋太郎.jpg
1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月)08:55:33 ID:t9R

前日28日のオリックス戦(安芸)で5回無失点と好投した阪神・藤浪が、一夜明けて甲子園新室内練習場で調整した。

その視線は早くも今季初登板が決定的な3月29日中日戦に向いている。舞台は決して好相性とは言えない京セラドーム。昨季まで2勝2敗、防御率4.76。「硬く、傾斜が緩いため、球が浮きやすい」と分析する鬼門。
ただ、日程が味方する。20日からのオリックス3連戦での登板が予定されており、絶好の予習機会を最大限生かす方針を語った。

「直前のゲームで投げられるのは、慣れる意味でも大事。感触を確かめられるのはありがたい。京セラドームはいいイメージはないですが、すごく悪いかといえばそうでもありません」

硬いマウンドでの出陣。プレーボール直前の投球練習中に、左足が着地するポイントをガッツリと深く掘り、傾斜にフォームを合わせていくのが藤浪流だ。
「ナゴヤドームも硬いですが、好きですしね。(硬さは)そこまで致命的な問題ではない」。童話「花咲かじいさん」の犬ではないが、苦手京セラであっても「ここ掘れワンワン」とばかりに足場を掘り、白星を探し当てるつもりだ。

次回は6日西武戦(甲子園)に2番手で登板し、10日の侍ジャパンVS欧州代表(東京ドーム)で2イニングを消化する。「実戦で投げていきたいタイプなので、実戦が多いのはプラス」。
代表戦という位置づけ上、オープン戦でも調整の場でもない難しさは重々承知している。それでも猛虎と球界双方のために奮闘するのが藤浪という男。京セラドームでの“快幕”に向け、着実に歩を進める。

http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/03/02/kiji/K20150302009902310.html



2: 名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月)09:10:23 ID:5h2

何が出るかな?


3: 名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月)09:11:22 ID:2NT

??「ワン!ワン!」


4: 名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月)11:01:41 ID:CRJ

ちーちゃんの夢も埋まってる


5: 名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月)11:02:57 ID:161

3回だよ3回


7: 名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月)11:08:24 ID:mdq

ワン!ワン!


8: 名無しさん@おーぷん 2015/03/02(月)11:11:21 ID:qRr

>>7
3回だよ3回





1001: 以下、阪神タイガースちゃんねるがオススメ記事をお送りします 2020/01/01(木) 00:00:00.00 ID:hanshintigers



《 ↓この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます↓ 》
タグ:藤浪晋太郎
管理人 12:01 | Comment(0) | 阪神タイガース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。