2016年05月31日

ホークス、“変わらぬ工藤流”こそ強さの証 史上最多貯金18で交流戦へ突入

11080801_photo.jpg
1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)00:51:13 ID:gss

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160530-00010020-fullcount-base

・ここまでずば抜けた強さ、選手との対話を大切にする工藤監督
・昨年から一貫した短期目標は「目の前のカードに勝ち越すこと」
・交流戦でも戦い方は同じ、「これがセ・リーグ用の野球です、なんてできない」



2: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)00:55:38 ID:gss

ここまでずば抜けた強さ、選手との対話を大切にする工藤監督

2位ロッテとの敵地3連戦で3連勝し、ゲーム差を今季最大の6に広げたソフトバンク。
積み上げた貯金も今季最多の18となり、独走状態で31日から日本生命セ・パ交流戦に突入する。
交流戦突入時の2位とのゲーム差6、貯金18はともに史上初最多だ。

開幕直後の4カード11試合こそ3勝6敗2分と出遅れたが、鹿児島、熊本でのオリックス戦で今季初の連勝をマークすると、そのまま8連勝。借金3から貯金5まで伸ばして一気にリーグ首位へと躍り出た。
その後も6連勝、7連勝を記録するなど、ずば抜けた強さを見せつけている。
工藤公康監督は、昨シーズン就任1年目で日本一を勝ち取ったが、その確かな手腕は今シーズンも何ら変わることがない。
常に選手のコンディションを気遣い、選手との会話を大切にする。
特に投手陣の状態を把握することに長けているのは、12球団唯一の投手出身監督ならではの特徴といえるだろう。
試合がない月曜日は先発陣だけの練習日となることが多いが、工藤監督も必ず練習に顔を出して先発陣に声をかけている。
ときには身振り手振りでフォームの話をし、ときにはランニングの足の蹴り方にまでアドバイスを送る。
“強化指定選手”に指名した東浜巨のウエイトトレーニングもしっかりと“監督”するし、試合で結果を出せなかった中田賢一にはQVCマリンのブルペンでつきっきりの指導を行うなど、休むことなく先発陣の調整に付き合っている。
その結果、ここまでの31勝中24勝が先発投手の白星につながっている。先発陣が試合を作れれば、当然ブルペン陣にかかる負担も軽減できるという好循環を生んでいることも大きい。


3: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)00:57:06 ID:gss

昨年から一貫した短期目標は「目の前のカードに勝ち越すこと」

「ここまで6勝1敗が3人(武田、和田、バンデンハーク)いて、さらに4勝(千賀)、3勝(東浜)もいるってなかなかないことだと思う。それだけコンディショニングも考えてやってくれているし、1つの競争だからね。自分の力が足りないなと思うところはもっともっと勉強していけばいい」
そして昨シーズンから一貫しているのが「目の前のカードに勝ち越すことが目標」という姿勢だ。
その姿勢は選手たちの間にも完全に浸透し、それがベンチでの「(塁に)出ようぜ」「つないでいこうぜ」の声にもつながっている。
カード勝ち越しを狙う姿勢は、もちろん交流戦でも貫かれる。
セ・リーグについては「データがないからやってみないとわからない」と語りながらも、昨シーズン監督1年目での交流戦の経験をどう生かしていくのかが注目される。
「みんなが頑張ったおかげで大きな貯金をもったまま交流戦に入れるが、貯金があるからと考えるのではなく、3連戦で勝ち越すことを考えて戦っていく。
追いつかれても逆転した昨日(29日)の試合のように、みんながお互いに助けって、かばい合っていい形で勝てている。DHのないビジターでは、作戦上、早め早めの投手交代ということもあるが、(監督2年目で)落ち着いて交流戦に入ることができる」
交流戦は6連戦が3週間続くハードな日程となるが、工藤監督は「投手13人、野手15人というのは変えずにやっていくつもり」だと話す。


4: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)00:58:31 ID:gss

交流戦でも戦い方は同じ、「これがセ・リーグ用の野球です、なんてできない」

「6連戦なのでブルペンの使い方も考えないといけないが、基本的に投手は(これまでの)シーズン通り。
先発は7回までいってほしいし、できるのなら最後まで投げてほしい。ただビジターで接戦になって、ここは1点欲しいと思えば早めに切り替えるだろうけど」
また、ここまでDHで出場している長谷川勇也のビジターでの使い方については「本人とも話をしてから決める」と、ここでも選手との会話を重んじる。
「交流戦のあともシーズンは続くわけだしね。こっちがこうしてと言うのは簡単だけど、選手のコンディションを含めてしっかり考えていかないと」
昨シーズンも交流戦で勝率1位を勝ち取り、その後リーグ優勝まで一気に突き進んだソフトバンク。
ここまでの独走体制を固めた今、ソフトバンクだけは日本シリーズに向けて相手を見定める“前哨戦”ともいえる。

 それでも、工藤監督は「しっかりとホークスの野球ができればいい」と平常心で臨む覚悟だ。「だって、これがセ・リーグ用の野球です、なんてできないじゃん」――ソフトバンクは“いつもの野球”で、今年もセ界征服を成し遂げそうだ。


5: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)00:59:21 ID:LXL

18勝あるで


6: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)01:00:20 ID:AEs

失敗してもいい
それが次の糧になるのなら。


7: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)01:02:00 ID:4fF

ソフトバンクが強いせいで工藤監督がやたら取り上げられてるだけなのかもしれないけど
これだけ動き回ってるという話を他の監督からは聞かないんだよな
他のチームの監督をやっても与えられた戦力以上の結果は出しそう


8: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)01:05:08 ID:iRZ

>>7
どのくらい他の監督と違うことしてるのかわからんよな


9: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)01:05:33 ID:AEs

なんか選手が気軽に監督室に入ってくると聞いたことある


10: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)01:24:53 ID:dvz

ソフトバンクにいる限り工藤の監督としての手腕は分からない


12: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)01:27:55 ID:i8g

>>10
選手がついてきてるんやし
監督として成功しとるんやろ


11: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)01:26:38 ID:gLO

リーグ優勝確定の最速記録っていつなのかねぇ?


18: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)10:46:34 ID:jiX

>>11
パリーグは去年のソフトバンクじゃなかった?セリーグはしらん


13: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)01:30:11 ID:4fF

野球における監督の仕事の8割9割は試合時間外のもの
試合時間外によく仕事しているという評判が聞こえてくるならそれはいい監督なんだと思う


14: 名無し 2016/05/31(火)01:34:57 ID:yPZ

昨日の城所のスーパーキャッチの時のベンチの雰囲気最高やったよな
試合前のズーちゃんが遊びに来た時とかプロポーズ始球式とか試合以外でのベンチの雰囲気も本当にいいしムードも大切だよ
あと柳田がスアレス可愛がってたりとか


17: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)10:37:30 ID:i8g

>>14
スアレスは内川にスペイン語教えてるらしいな

やっぱり交流あると助っ人は心開いて力出しやすくなるわ


15: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)08:11:55 ID:j5J

交流戦までは5割をキープすればいい(7割)
カード勝ち越しが目標(2位に3タテを食らわす)

これは畜将


16: 名無しさん@おーぷん 2016/05/31(火)08:14:54 ID:vAY

この間ヤクルトが延長でタイムリー打って勝ち越した時にベンチでガッツポーズしてる奴が誰もいなくて引いた


引用元: ・ホークス、“変わらぬ工藤流”こそ強さの証 史上最多貯金18で交流戦へ突入




1001: 以下、阪神タイガースちゃんねるがオススメ記事をお送りします 2020/01/01(木) 00:00:00.00 ID:hanshintigers



《 ↓この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます↓ 》
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。